アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
こうひんひろみ公式ウェブログ
ブログ紹介
このブログはこうひんひろみが日々、思ったことや創った物を適当に置いておくブログです。
アニメ、漫画、同人などのオタク活動全般について記述があります。

なお、お子さまの入場はご遠慮お願いします。
とくにアダルトな文章はありませんが、作者のおとなげない発言等ございますので。
それらを大人の度量で見守ってくれる方のみ。入場してください。
zoom RSS

一月十八日

2019/01/18 22:27
今年は暖冬だというけれど、なんか妙に寒い。

一年で一番寒い時期になったんで足につま先用のカイロを張り付けていったんだけど、これがなかなか。手放せなくなりそう。エアコンが利いていても冷えるからねえ。ただ常に足の裏に何かを踏んづけている違和感と、汗で蒸れることが気になるくらいかね。
毎日装備したら堕落しそうなんで、これから寒そうな日を狙ってピンポイントで使用していくことにしよう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


一月十七日

2019/01/17 21:38
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか14を読破した。著者は大森藤ノ。

結構なページ数だったが、前半はヴェルフ君がほぼ主役だったよ。
でもこれじゃベル君が活躍してないから分冊じゃ出せなかったんだろうね。
そして、よくもまぁこうも絶望的な状況に落とし込んでから、また更に突き落とすかねぇ。谷が深い分、山場が盛り上がるのはわかるけど。そして大きなカタルシスにつながるからいいのか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


一月十六日

2019/01/16 21:19
快楽ヒストリエの2巻を読んだ。著者は火鳥。

おもろかった。おっさんの顔芸漫画とあったがまさにその通りである。
2巻で終わってしまったのは残念であるが、あんまりだらだらやってもという意思の表れだったのかね?
ところで、手塚治虫の火の鳥を意識しているのかね? 著者のペンネームそうだし。
考え過ぎかなぁ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


一月十五日

2019/01/15 20:57
まだまだ続くよ新番組ラッシュ。

かぐや様は告らせたい?天才たちの恋愛頭脳戦?
うーん。超大金持ちの天才による駆け引きが見られると思ったら、公立高校のちょっとマセガキの駆け引きだったよ。金持ちのはずなのに庶民的だし、天才的とは言い難い交渉術じゃないか。盛りすぎ。
普通の学校で普通の高校生がそういう駆け引きをするんだったらおもろいんだけどなぁ。

えんどろ〜!
なんかゆるいなぁ。まぁ何も考えずに眺める分にはいいか。久野美咲萌えならぜひ見るべきだとは思う。

グリムノーツ。
特殊な世界観のため説明台詞が多くて感情移入が難しかったよ。あと変身したら性別が変わるのには驚いた。

荒野のコトブキ飛行隊。
期待しすぎていたか? なんか地味な感じ。まぁリアルに表現しようとしたら地味になっちゃうんだけど。とりあえずガルパンの時のようなスロースターターなのかね?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


一月十四日

2019/01/14 22:58
今日は仕事だショボーン。

世間では今日は成人の日ということだったが。
なんか成人の日っていつも雪が降ったりして天候が荒れるイメージだったけど、本日は安定していて良かったね。


ところで、世界まる見えテレビ特捜部って番組を好きでちょくちょく見るんだけど、僕は見始めたことは教養系……自然科学や歴史等々が多くて知見が広がる感じがしたんだけど最近は空港の税関でごねる話ばかりでつまらん。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


一月十三日

2019/01/13 17:11
劇場版「Fate/stay night[Heaven's Feel]II.lost butterfly」舞台挨拶ライブビューイング上映を観てきたよ。

場所はユナイテッドシネマ岡崎。朝一の回にするかレイトショーにするか迷ったんだけど、買い物をする用事ができて、それだとレイトでは店が閉まっているから朝一にするか……と予約取ろうとしたら舞台挨拶の中継回しかなくて、たまにはそういうのもいいかと観てきたんだよね。
普段夜遅い閑散とした風景しか見てなかったけど、意外と行列が……。って、これ全部Fateの物販じゃないか。朝一なんで映画館しか開いてなかった。
パンフは上映後に購入することにして、ちゃっちゃと入場。ほぼ満席。客層は男性オタ全般であるが、意外と女性客も見受けられる。


それで映画の感想だけど。
Fateヘブンズフィール第2章。
話はセイバーの喪失から黒桜の覚醒まで。
原作エロゲなのでファックシーン有。しかしレートの関係で直接的には描写せず節制した画面。
セイバーオルタとバーサーカーとのド迫力戦闘がすごかった。ちゃんと破片が飛び散る爆発。最強同士の激突にふさわしい大乱闘であるが、お城が粉砕されてセラとリズはどうなっちゃったの!?
それとタイガが「藤村先生」の顔を見せるシーンにうるっときた。
あと、妙にフィーチャーされるシンジ君。舞台挨拶にも登場するぞシンジ君。大体序盤で退場することが多いから物語の根幹を知ることないため、演じる声優も物語の根幹を知らないようにしているってのは大した話だな。
さて、第3章は来年の春か。あと一年以上あるのか……。でもこれだけのクオリティなら仕方ないか。それにしても今作以上のクオリティなんてハードル上げすぎな気がして心配になってくるよ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


一月十一日

2019/01/11 22:30
アニメの話。新番組がなんか今期も特定の曜日に放映が集中していて困るなぁ

私に天使が舞い降りた!
なんか似たような設定のアニメを前期に見たような……。というか、おねロリ流行りなのかね? ウザメイドほどパンチが利いてない感じだが、果たしてどうなるか。

ケムリクサ
うーん。ダークというより暗鬱な雰囲気だなぁ。まぁとりあえず様子見。

盾の勇者の成り上がり
中々しょっぱなからハードな展開だね。もっとも浮かれすぎてフラグが見えていない主人公もあれだが。

賭ケグルイ
いきなり途中から始まってビビった。この前の再放送の時に新規でもあったのか? と。
ただ単にそういう構成だったんんだけどね。でも賭ケグルイがどういう話なのか新規さんに説明するにはわかりやすいエピソードだったな。キチガイの顔芸がフルスロットルで終始ニヤニヤしながら眺めていたよ。

同居人はひざ、時々、頭のうえ。
猫アニメ? あんまピンとこなかったなぁ。

ガーリーエアフォース
自衛隊は軍隊だと言い放ったよこのアニメはっ。
政治的に微妙な問題だというのに。
それを踏まえたうえでの問題提起的な発言ではなく、天然ぽい。
ひょっとしてこれは軍オタが見るとストレスがたまるタイプのアニメなのかね。
そもそも爆発が全然迫力ないし。もっと破片が飛び散らないと。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


一月十日

2019/01/10 23:05
ううう。深刻に寒い。

今日は日差しが無かったものだから、朝から気温が上がらずずっと寒いままだったよ。
まぁ一年で最も寒い時期に入ったからなぁ。
あと一ヶ月くらいはこんなかんじか。
でもまだ氷点下までは下がってないんだよねぇ。
それなのにこんなに寒く感じるというとは、寒さに対する耐性が下がった?

まぁつまり加齢による衰えということなのか?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


一月九日

2019/01/09 20:13
新番組もちらほら始まってきたね。

ソードアートオンラインが第一部完ということなんだけど全然盛り上がってないな。種明かしを全部台詞で済ませているからか?

かぐや様は告らせたいの番宣を見たら、なんか声優ドキュメントみたいな内容だった。全然宣伝なってないよっ! いやでもスタッフのおっさんのコメントよりも若い女の子が頑張って努力してようやくつかんだ主役! の方が応援したくなってくるのか。なかなかの戦略眼だな。

灰と幻想のグリムガル。
なんか地味なアニメだなぁ。これがゴブリンスレイヤーの世界なら死んでた、と思いながら眺めていたよ。

上野さんは不器用。
15分アニメらしくハイテンションでテンポよく展開する。痴女ネタはちょっと反応した(どこが?)

せいぜいがんばれ魔法少女くるみ
なんかフラッシュアニメみたいだなぁと思ったらウェブアニメだったらしい。
さすがにちょっと目まぐるしいな。

転スラ。
まるで1部完みたいな盛り上がりだったなぁ。この話を12月末に持ってこればよかったのに。そして、もう1クールやるのね。そりゃOPに未登場のキャラとかいるからなぁ。

ぱすてるメモリーズ。
なんかつまんないアニメだなぁ、1話で切るか? なんて考えていたが、ラストのヒキでひっくり返った。とりあえずもう少し様子見しよう。

ダンまちの再放送も録画した。
初期のころの話はあらかた忘れていたんで新鮮だった。この時点でもうロキファミリアのメインメンバーが全員登場していたのは驚いたよ。レフィーヤまでも。
しかしこうしてみると完全にヒロイン枠じゃないかヘスティア様。どんどん出番が減ってかわいそうだよ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


一月八日

2019/01/08 22:42
海賊の日本史という本を読んだ。著者は山内譲。

海賊と一言でいっても地域や時代背景で内容は全然異なる。
主に瀬戸内海での「海賊」について説明した本であった。
したがって倭寇や東国の海賊について記述はあまりない。
水軍という言葉は近世になって広まったため当時は使われてなかったというのは知らなかった。
東国の場合、西からそのままスカウトして海賊衆と呼んでいて、当時のコンプラ棒を持った人が「海賊と呼ぶのはいかがなものか」と言及したら「じゃぁ何と呼べばいいのだ」と問われて何も言い返すことができなかった、というエピソードは面白かった。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


一月七日

2019/01/07 22:06
今週の週刊少年ジャンプ。

表紙は連載陣。書初めということなんだけど違うのも混じってない?
呪術。なんか湿っぽい話だな。
鬼滅。味方側が毒!? 扱いづらいと思うんだがねぇ。
ブラクロ。なにが起きているのかわかりにくいなぁ。
ネバーランド。ラストシーンが意外過ぎてひっくり返った。
チェンソー。この新キャラも相当変だな。
ギャグ読切集。脇役の「ご両親は正気を失っている?」が一番噴いた。
ストーン。素人に近いクロムの株が上がる話だった。
アクタージュ。アラヤの予想外の行動に夜凪はどう応えるのか。憑依芸だから何とかなるんか?
勉強。先輩回。そういえば恋人のフリをしているんだったな。すっかり忘れていたよ。
田村さんの読切。さすが連載経験者は上手いな。よくもまぁ忍術とピアノなんて組み合わせを思いついたものだけど。ところでしばらく前に読んだツイートとを思い出したよ。「クラシック界は表現方法が固定されているのだけど、たまに演奏会で音楽教育を受けてない飛び込みのピアニストが演奏すると、同じ曲なのに異世界の言葉を聞いているような不思議な感覚になる」というのだけど検索してもわからなかったよ。
ゆらぎ荘。宮崎さんもすっかり毒されて……。

で、次は21日か。一週間空くだけでずいぶん先のような気がするなぁ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


一月六日

2019/01/06 03:05
年末年始はいつもバタバタで何もできないねぇ。

いや正確には「やろうと思っていたこと」なんだけど。
模型は全然手が付けられなかったし、積み上げた本も漫画もあまり減らなかった。
録画したアニメは何とか消化したが、同人誌は消化不良。
結局丸一日自宅でゴロゴロできた日って無かったもんなぁ。

そいや読んだ同人誌でプリエーゼ式水雷防御について考察していたのが興味深かった。
日本で出回っている悪評の内、某小説家がネタにしていたのはソ連の戦艦のソビエツキー・ソユーズに採用されたときの試験の結果をイタリア艦のものと誤認したものなんだそうな。
ふむなるほど。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


一月四日

2019/01/04 22:42
MCあくしずの51号を購入した。

付録のカレンダーに、最近艦船擬人化か多いから逆をやってみましたという企画がクレイジーすぎて噴いた。
そしそれを上田信先生がノリノリで描いているんだよねぇ。さすが。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


一月三日

2019/01/03 01:38
年末年始にため込んだアニメをようやく視聴できたよ。

叛逆性ミリオンアーサーが最終回だった。
第2期へ続くよエンドだった。
緩い世界観でのんびりダラダラ眺めていたら、唐突な展開に驚いたが、大味な描写で戸惑いのが大きかった。
こういう驚きは求めてないんだよっ!

メルクストーリア。
良作だった。モンスターをいやす癒術という世界観でどこにも悪者がいない優しい世界を描写することに成功している。毒気が無いことにちょっと物足りなさもあるが、万人向けとしては成功。ただそれだけになんで深夜枠なんだ。もったいない。

イングレス。
つい最後まで見てしまったけど、今一つパッとしないアニメだったなぁ。キャラクターデザインはリアルよりなのに話にリアリティがなかったのが一因か?
いやSFで荒唐無稽なのは好きだけど、主人公が飛行機がハイジャックされて不時着したのに全く騒ぎになってないあたりには開いた口が塞がらないよ。他にも主人公をおかけまわしている連中が空港をノーチェックだったりね。そのあたりのアバウトさがストーリにのめりこめない原因だったのだろう。

ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。
まぁよかった。悪魔を主題にしながらちいともエロくないのはすごいな。いやベル様ちょくちょく裸になるけど。猥雑感のないのはちょっと物足りなかったんで、鬼畜凌辱系の二次創作が見たいなぁ。

ゴブリンスレイヤー。
なかなかよかった。テレビアニメの限界に挑戦するような表現には感心したよ。


あと前年度に話題になっていたグリッドマンと青春豚野郎も終わったとたんに再放送していたので録画したよ。
グリッドマンはなんかエヴァっぽかった。あえて特撮風の画面作りをしたらエバっぽくなったんだろうけど、自分が特撮見ないものだからそう感じてしまうのだろうね。
青春豚野郎は、むかしあったエロゲのONEを思い出したよ。こっちはヒロインが消滅するのね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


一月二日

2019/01/02 11:18
そんなわけでロボ魂ストレリチアです。

画像



アニメ、ダーリン&フランキスに登場する主役メカ。ロボットというよりも美少女キャラみたいな色付けをされていたね。
最初にデザインをみたとき、この華奢な体つきにしまったことに細い顎にころっとやられてしまったのだ。
というかモロ趣味。
立体が発売されたら購入してやろうと目論んでいて、去年ようやく発売されたのである。


画像



完成品か組み立て模型にするかどっちにしようかなぁと思っていたんだけど、組み立てずに積む可能性が非常に高かったため、完成品のロボット魂にしたのだ。


画像



ちょっと手間がかかるが組み換えで表情変更が可能。
足の曲線も素晴らしい。
そしてロボとは思えないなまめかしい尻。

画像



ただデザインの都合上、足首は全く動かないので、アクションポーズを取らせるには別売りのスタンドが必要だ。

画像



完成品のいいところは、気軽にブンドドできるからよいね。
適当な叫竜役がいなかったんで、コトブキヤのゾイドのジェノブレイカーに演じてもらう。
しかし、久しぶりに引っ張り出したが、ポロリが酷くて困ったよ。

画像


足首を除けばよく動く。キコキコ動かしているだけも楽しい。

画像


ただこうして組み合わせようと考えるといろいろ大変だった。ゾイドの方が(笑)

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


謹賀新年

2019/01/01 00:01
あけましておめでとうございます。
旧年中はお世話になりました。
今年もよろしくお願いします。

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


十二月三十一日

2018/12/31 21:57
さて、コミケ当日である。

暗いうちから目が覚めちゃって時間まで布団の中で過ごし、携帯のアラームと同時にサクッと起床。
旅館の提供する食事もしっかりとって7時前くらいに出立。
途中東京駅で荷物をコインロッカーに預けると、大崎発のりんかい線で座って国際展示場に移動。7時半に到着。

画像


今回は東の駐車場が並べないということだそうで西側に誘導される。一般最後尾に到達したのは45分くらい。夏コミの時よりちょっと後ろの場所であった。そのあとも続々と人が流れてきていたが、一体どこまで最後尾は伸びたのであろうか?東京テレポートあたりで降りた方が近かったりして。
メインの待機場所はそこそこ日差しもあって風もなく快適だったんだけど、じりじりと移動して次の場所はビルの間のビル風が抜ける日陰の場所でえらい寒かった。
そうやって移動と待機を繰り返しながら、10時半くらいに会場入場。
まずは東123ホールから巡回開始。ここはエロ系が多そうなので混雑が予想されるから早めに巡っておきたかったのだ。
足を踏み入れた当初はそれほどではなかった混雑も次第に増えてきて移動が難しくなってくる。とも思ったら一番人通りの多い交差点で倒れた人がいたらしく、スタッフが両手を広げてバリケード作っていたよ。
こんなところでぶったおられると。当人はもちろん周囲も台無しになってしまうので体調は万全にね!
普段ウェブ上でしか会えない方にご挨拶して、次は東456に。ここは創作系が多いおかげで比較的素早く巡回することができて、西館に移動。相変わらずのボトルネックであるが、まだ本格的に混みだしてない感じがする。対面ですれ違う一般入場の列のが圧倒的に多かったからね。
西館メカミリのあたりはまたーりとしていたが、西館と言えどエロ系のところは殺人的な混雑になっていたよ。かばんを持ってかれないように必死でつかんでグイグイ怒涛のような人間の流れをかき分けていくのだ。

メンコミのころからひいきにしているサークルがあって、毎回中身も見ずに買っていたら顔を覚えられたようで向こうから挨拶されてしまったよ。なんでも、もう店じまいを考えだしているそうな。そりゃもうメンコミからというと20年だもんなぁ……。寂しいことではあるが。

画像


気がついたらもう昼時である。もうお暇することにして、ゆりかもめで帰ることにする。
ところがトラブルで遅れていて、有明から乗ったのに、すでに満員だったのはがっくり来た。
まだお昼だから来場する一般入場も途絶えてなかったからね。
新橋に到着して昼食を探すもなかなかピンとくるものが無い。なんかラーメン食べたいなぁと思ったんだけど31日休業だったり、妙に混んでいたりと中々しっくりこない。
なんか薄汚い本場っぽい中国ラーメン屋さんで片言のおねーさんがウェイトレスをやっている店にしたのだけど、あとでググってみたら支店がいっぱいあって一大グループだったの!? とちょっと驚いたよ。あの薄汚い感じも演出だったのか……。

そして東京駅に到着したら、毎年乗っている豊橋に停車するひかり号が今回見当たらなくて狼狽した。その時間にひかり号は存在していたんだけど、豊橋じゃなくて浜松停車じゃないか。切符は往復で購入しているんで、途中で降りちゃもったいない。しょんないんでちょうど停まっていたこだま号に飛び乗って帰宅したのだが……。
この時はてっきり時刻表変更だと思っていたんだけ、あとで検索したらそんなことはなかったようで、いったい自分の見たものは何だったんだろうと疑問符が浮かぶ結果となったのであった。


さて。
次回夏コミは4日間開催のようだけど、自分が申込邸の男性向け創作は3日目と4日目のどちらかで、どちらに配置されるかは受かってみるまでわからないということらしい。
ということは当日で旅館の予約が取れないということじゃないか。
これはなかなか面倒なことだなぁ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


十二月三十日

2018/12/30 16:11
今日からコミケだワショーイ。


朝から雲一つない快晴で、風の冷たさを気にしなければかなり快適だったよ。こりゃ富士山拝めるかなぁと思ったら、低い雲が出ていてこれはこれで風情のある雰囲気。

画像


新幹線を品川で降りてコインロッカーに荷物をぶち込み、大崎経由で国際展示場に。首都圏の駅の自販機には変な飲料が置いてあるなぁと感心して早速ふかひれスープを飲んでみた。……具は入ってないんだな。まぁ缶飲料だから残っちゃうことを考えるとはいってないほうがいいんだが、でもなんか寂しいような気がする。
こっちじゃコンポタにせいぜいオニオンコンソメ程度なのに、豚汁シジミ汁にデミグラススープまであってうらやましい限りだ。

到着は10時半くらい。45分くらいに行列最後尾に到達する……最後尾!? 過去二日目でこの時間に到着したとき、こんなに行列が残っていたことってあったっけ? 45分くらい待たされて入場開始。目的のサークルは一か所だけなんだけど、中々の人混みで到達できない。まぁ過去の場合はメカミリでまたーりしていたからなぁ。今回は艦これで殺伐としている? もっとも席年ほどの勢いないないみたいだが。ちなみに目的はイタリア海軍の本。なぜかジャンル艦これなんだよね。普通にメカミリで参加してくれるとありがたいのに。
そして次回の申し込み用紙を購入して、会場を後に。普段西側から帰ったことが無かったからちょっと迷ったよ。

りんかい線大崎駅で降りたが、駅前で同人誌即売会を開催していて驚いたね。便乗というか、大崎駅オリジナルの萌ポスターとかあるし、なかなか力が入っている。
ここでマクドによってグラコロを食し、新宿方面に移動。

ハイネル君に教えてもらったんだけど、「花の詩女 ゴティックメード」が特別上映していると聞いたら足を運ばずにはいられなかったんだ。
もう一回くらい見ておきたかったからね。
場所はアニメ専門映画館、EJアニメシアター新宿。
客層はオタク全般であるが、なぜか若い女性の姿が目立った。

画像


んで映画の感想だけど。(6年ぶり2度目)
やっぱ前半の説明台詞の多い構成がもっさりしているなぁ。もっと序盤にGTMを登場させてガツンとやったあとにクライマックスで複数のGTMが大アクションして欲しかったような気がするが、尺が足りなかったのだろう。いやまぁそんなことになったらもっと製作期間が延びてしまっただろうに。
初見の時は、新作オリジナルだと思い込んでいたらFSSにつながっていたという衝撃のが大きかったけど、今はもう落ち着いて鑑賞できるね。
それにしてもいわくありげに登場したシステムカリギュラのツバンツヒさんがまさかあんなキャラになってしまうとはなぁ……。

画像


終わった後は品川経由で荷物を回収して御徒町のいつもの旅館に。もうすっかり暗くなっているよ。秋葉原に繰り出したが、あんま時間が無かったまぁ。とはいえあんま買い込むようなものもなかったけどね。
1/144のチェンタウロのレジンキットを確保してジオクレイパーの新作をちょこっと買ったくらい。

画像


晩飯は旅館近くの太陽のトマト麺。夏にも食べたが、暑くてドロドロになってしまいこれは冬に食すものだと反省したのである。
やはり季節に合うものを食べると美味ですな。


あとは旅館で今日の戦利品を確認しながらゆっくり英気を養うだけである。
早めに寝ようと思いつつ気が付くと普段の寝る時間になってしまったのはご愛敬だろう……。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


十二月二十八日

2018/12/28 21:14
ヤマダ電機のポイントがいつのまにか失効していた。

え!? マジで!?
結構頻繁に足を運んでいたんで気づかなかったが、そういえば何も購入しないで帰っていた。
模型のそろえが悪いからなぁ。買うものが無いんだよ。
ということは、ビックあたりが危ないかも。あっちはそろえが悪くなってから全然いかなくなってしまったからなぁ。
一応過去日記を読み返してみたが、どうも失効している可能性が高いな。行ってないし買ってない。

ううむ。ヤマダはたいして貯まってなかったが、ビックはちょっと惜しかったな。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


十二月二十七日

2018/12/27 21:14
早乙女姉妹は漫画のためなら!? の2巻を購入した。著者は山本亮平。

おもろかった。
「トーンの線数を数えて落ち着くんだ」からの「このトーンとれねえなぁ」のメタネタに爆笑こいたよ。
しかしなんだ。ド変態ネタが編集さんばかりにくるのは、未成年をいじるのはコンプライアンス上問題があるからかねぇ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

こうひんひろみ公式ウェブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる