アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
こうひんひろみ公式ウェブログ
ブログ紹介
このブログはこうひんひろみが日々、思ったことや創った物を適当に置いておくブログです。
アニメ、漫画、同人などのオタク活動全般について記述があります。

なお、お子さまの入場はご遠慮お願いします。
とくにアダルトな文章はありませんが、作者のおとなげない発言等ございますので。
それらを大人の度量で見守ってくれる方のみ。入場してください。
zoom RSS

五月二十五日

2018/05/25 21:36
声優をプロデュース。という本を読んだ。著者は納谷僚介。

声優が書いた声優本は数多いだろうが、声優のマネージャーが書いた声優本は希少なんじゃないだろうか。
あんま業界の露悪的な裏話は少なくて、むしろ理想論ともいえる王道を進んでいる。
声優の一生を面倒見る覚悟で、長期的な視点に立ったマネジメントを展開させるのだ。
なるほど、奥が深い。ほかの業界でも通用するよう普遍的な法則を感じるね。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


五月二十四日

2018/05/24 21:56
ハーゲンダッツのラムレーズンが好きなんだけど、全然売ってなくてションボリ。

そもそも季節限定のうえに今期は販売無しだとか。なんてこったい。

そしたら、ラムレーズンのフレーバーのお酒が売っていたので思わず衝動買いしてしまったよ。
さっそく安いバニラアイスに振りかけてみたところ、待望のラムレーズンの風味が堪能できたね。
まるで高級アイスみたいじゃないか。
すばらしい。
しばらく病みつきになりそう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


五月二十三日

2018/05/23 21:17
山本五十子の決断2を読んだ。著者は如月真弘。

欲求不満気味だった1に対してこれはかなり読めるね。
暗号が解読されていることを逆手にとって主人公が対策を立てるが、それを話すと情報が洩れて米国にばれていることが伝わり、対応を取られてしまうから、根拠を話すことができなジレンマ。
まっとうな用兵家ならそんな根拠のない博打には乗れない。
正論の前の妄想でしかない主人公の言動は受け入れられるのか、というのが一番のクライマックスだったね。
しかしこれで史実からずれ始めてしまったんだが、今後はどうするんかね。嶋田さんとか全然対応できてないし。ぞもそも続刊が出るのかどうか不明瞭なんだがなぁ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


五月二十二日

2018/05/22 20:38
ダンジョン飯の6巻を読んだ。作者は九井諒子。

途中なんかシリアスな方向に振れてきたので心配したが、何とか従来の間抜け……じゃなかったボンクラな冒険に戻ってよかった。
しかしなんだ。ファリンがあんなことになって、その原因が報告されてしまったからにはたとえ助かっても平穏な生活は送れないんじゃないのか? 大丈夫か?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


五月二十一日

2018/05/21 22:28
今週の週刊少年ジャンプ〜。

新連載。これだけのアクションをしてもパンチラは無しか。
アイキュー。拮抗している。傾くのは音駒?
ネバーランド。ついにこのエピソードのラスボスが動き出す。
ヒロアカ。いい最終回だった(違)
ブラクロ。ああなるほど。王族の人にはエルフは居ないということか。
ゆらぎ荘。年長組だけあって濃度の濃い話だったな。アルコール度の。
読切。なぜかサスケェ連想した。
勉強。さっそく人気1位の先生をプッシュするとはさすがだな。
呪術。最後のページ側仮縫い。場面転換してんだよね? んで新キャラだよね?
ノアズノーツ。第一使徒はダビンチ? いやレオナルドか。
懸賞カットが久しぶりに小学生が描いたような無垢な絵で、編集者の心意気を感じた。
リコピン。さらに重い設定キタコレ。どこのフレンズだよ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


五月二十日

2018/05/20 20:52
おいおいなんだよ。金曜までべらぼうに暑かったのに、一転寒いじゃないか。

ちょっと早めだけど衣替えしようかなぁと半袖を出す準備をして扇風機のほこりを払おうと思っていたのに、ためらわれるよ。
とはいえ来週は用事があるので、この週末で片づけておかないといけないんだがな。

そんなわけで肌寒い中引っ張り出して、入れ替わりに冬物仕舞い込んだんだが、どうやら明日からまた熱くなるようなので済ませておいてよかったなぁ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


五月十八日

2018/05/18 21:41
陰謀の日本中世史をようやく読み終えた。著者は呉座勇一。

従来歴史家が黙殺していたデタラメな陰謀論。それなのに「わかりやすさ」から世間にのさばって大衆に迎合する。それにここで反論せねばならない、というわけで書かれた本だった。
保元平治の乱や源平の合戦、応仁の乱。マニアックて著名でないゆえにあまり陰謀論ははびこってないが近年の歴史研究によって通説……わかりやすいストーリではない真相を明らかにし、それらを前提として本能寺の変と関ケ原の合戦の陰謀論に反論していくのだ。

しかしなんだ。この本で改めて認識したのだけど、鎌倉幕府も室町幕府も成立してから粛清や内ゲバで内乱ばかりなんだよね。そいうのが全くなかった江戸幕府すごいな。改めて感心したよ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


五月十七日

2018/05/17 21:38
今日はべらぼうに暑かったね。

職場で温度計を見たら34度まで上がっていたよ。
風のある外のが涼しいか? と思ったら熱風が吹いてた。
暖かいと感じるということは体温より高い!?

衣替えにはまだ早いけど、さすがにもう半袖を出さないといけないなぁ。
と、大型連休の時に思ったんだけど、開けた途端に冷えたから、また冷えるんじゃないかと思うと長袖が仕舞えない……。
暑けりゃ脱ぎゃいい、寒けりゃ着りゃいいといはいうが、仕舞ったら着れないからねぇ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


五月十六日

2018/05/16 21:20
kashmirさんの「ななかさんの印税生活」の2巻を読んだ。

話も設定も完全に失念していて1巻から読み返してしまったよ。
メタフィクション的な1巻に比べて、2巻はキャラも動いてきて部活で創作する話になってきた。
生徒会長や先生も実は創作活動をやっている人で、話に絡んできてからおもろくなってきたよ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


五月十五日

2018/05/15 22:32
エキサイトメールが終了のお知らせ。

おいおい。お前もか。
ネットサーフィン(死語)始めたばかりのころに簡易なIDと安易なパスで登録して、本メアドさらしたくないときに代わりに入力する感じで便利に使っていたんだけど、最近はとんとご無沙汰だったんだよなぁ。
あとは職場で忘れ物をしないように自宅へメールを打つ場合とか。
暗記できる簡易なIDと安易なパスのおかげだね。

そんなわけで消滅しても困らないが微妙に不便だなぁ。
他にフリーメール探しておくか?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


五月十四日

2018/05/14 22:11
今週の週刊少年ジャンプ。

新連載。なんか1話というより読切みたいだった。今一杯将棋漫画はあるけど、これからどう差別化しているのかねぇ。

ネバーランド。おっさんが大人の仕事をした! さすが。
ワンピ。ベティさんって、ひょっとして風が吹いたら丸出し!?
銀魂。説明回。また長引きそうだぞ、おい。
ハイキュー。久しぶりに天童さん出たな。こうやって過去のキャラを出して解説させるのか。
ソーマ。どういう絵面だよっ! 全員全裸になって因果地平の彼方へ飛ばされてしまえ!
ヒロアカ。作画崩壊。まぁカロリー高そうな画面だもんなぁ。
ゆらぎ荘。しょうもない話だなぁ。しかしみんなの前で戻ったらエライことにて……って、この連中なら慣れてるのか(笑)
ジガ。この位置か。俺たちの戦いは始まったばかりだエンドになるのか?
アクタージュ。掲載位置を考えるとこれも危ないんだが、終わるようには見えないなぁ。
リコピン。重いなっ。こっちが先に終わっちゃうの!?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


五月十三日

2018/05/13 17:15
週末は雨。なんか最近雨が多いね。

もう梅雨入りか? なんか季節の巡りが早いような気がするが、その分秋も早く訪れてほしいなぁ。

新しい自転車を乗り回そうと思っていたんだが、これじゃぁ無理だなぁ。
なお、ペダルが重いという問題はウェブで検索したところ、サドルを高くすればいいという話を聞いてかなり改善したよ。とはいえ最初の一漕ぎは重いことには変わりないんだけどね。

そいやふと思ったんだけど、自転車でオートマってないのかなぁ。
技術的には実現可能なんだけど、やっぱお値段がはるんだろうなぁ。通常のギアより複雑そうだから、普通の人は自転車ごときにそんな金額出そうとは思わないだろうし、出そうと思う人はシフトチェンジは自分の手でやりたいと思うマニアだから不要なんだろうねぇ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


五月十一日

2018/05/11 22:49
戦慄怪奇学園ダンゲロス〜呪われたボードゲーム〜を読んだ。著者は架神恭介。

クラウドファンディングによって書かれた、キャラクターを登場させる権利を得たダンゲロス小説。
非常にメタい。まぁ能力バトルに主人公クラスの面倒な能力が複数登場するからなぁ。そのうえ脱糞だし。無論、容赦なく美少女キャラも脱糞だ。
いやぁこのへんこの作者のお得意とはいえ。
……酷い。

あ、詰まんないわけじゃないよ。この作者のファンなら買い。脱糞が苦手な人はやめた方がいい(笑)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


五月十日

2018/05/10 22:12
久しぶりにアニメの話でも。


ゴールデンカムイのアシリパさんがとてもヒロインとは思えない百面相でおかしい。
しかしこれ。アシリパさんが可愛くて気が付いてなかったけど、女性キャラが極端に少ないんだな。

CCさくらで細かい日常描写が気になる。例えばドライヤーのコンセントをわざわざ刺したり塗りたりする描写があったり、窓を開けて金具で固定するとか、なんかの伏線かと思ったらそういう芝居だったよ。そいうストーリに必要のないシーンにコストをかけられるって贅沢な話だよなぁ。
あと新キャラの女の子が、どこかで見たことあるようなぁと思っていたら、あれだ。樋上いたるキャラだ。

ガンプラであのおにーさんはいったい幾つなんだろうな。中学生と一緒になってつるむのは年齢を考えるとなかなか難しいものがある。
そもそも彼が参加していたサークル(?)が消滅したのはもっとひどい人間関係のグズグズだと期待していたのだが。
「もういい年だからガンプラは卒業するよ」的な解散でもよかったんだけど。それなのに未練がましくガンプラを一人で作っていたら厨房に誘われて復帰とか燃えるじゃん。
まぁ老兵が若者の熱気にうたれて現役復帰のパターンだけどな――――。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


五月九日

2018/05/09 22:13
新しい自転車がやってきました。

全部新品なので気持ちがいいですが。ペダルが前に比べて随分と重くなったのだけが不満点ですね。
変速がロー、セカンド、トップと三つあるのですけど、最初の漕ぎ出し用のローギアが妙に重くて。
ノーパンクタイヤにすると重くなると聞きましたがこれほどとは。
走っていればそのうち慣れるのでしょうかね。

ところで、僕は最初の漕ぎ出しやカーブで減速したときはローギアにして、加速するにしたがってギアをシフトチェンジさせているのですけど、これをやっている人は他にいないのでしょうか?
ギアのたくさん付属しているスポーツタイプならともかく、いわゆるママチャリで。
まぁ自分と手、免許取る前は自転車でシフトチェンなんて……などと思っていたのですけどね。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


五月八日

2018/05/08 20:51
ノーゲーム・ノーライフ 10を読破した。著者は榎宮祐。

正直言って今回しんどかった。
描写なしで台詞ばっかのストーリ展開。誰がしゃべっているのかよくわからない。
情景描写はFFみたいと書いてあって、FF知らない人間にとっちゃ意味不明だし。
ロボットバトルは何が起きているのか全然把握できなくて。
全体的に見て上滑っている印象。
国と全国民を賭けたバトルが巨乳主義者と性癖を賭けたバトルになっているのはおもろかったんだが。
著者の脳内にはきっとビジュアルで描写されているのだろうけど、それはこっちに全然伝わってこなかったよ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


五月七日

2018/05/07 22:56
転生したらヤムチャだった件 という漫画を読んだ。著者はドラゴン画廊・リー

15分くらいでサクッと読めた。まるで同人誌みたいな内容だったよ。
これを公式で出すのかという驚きが一番だったね。
ダイジェストみたいな話だったんで、もっとじっくり読んでみたかったなぁ。
とはいえタイトルだけの出オチみたいなところもあるから、長々とやるのも考え物か。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


五月七日

2018/05/07 22:55
今日から仕事だショボーン。

連休明け初日から大雨だなんて憂鬱だよねぇ。
しかも月曜唯一の楽しみのジャンプも今週は無いし。
仕事の方もなんかバタバタして疲れた……。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


五月六日

2018/05/06 16:54
名古屋に映画を観てきたよ。オリジンの6話。


いつも通りまずは大須に。大型連休ということもあって結構な人出。でも聞こえる声はチャイナ系の言語で、あんたら連休関係ないんじゃないの!? 混雑を増やさないで欲しいなぁ。それはさておき。キッズで田宮の三式戦の迷彩デカールを購入。いっぺん迷彩デカールを使って見たかったんだけど、結構なお値段のものが多くて、それが安価で手に入るなら失敗を恐れずに挑戦できるよね。あとこれ三式戦専用とはいえ、他の飛行機にも流用できないかなぁと目論んでいる。
そして次にはボークスで軽巡矢矧用のエッチングをゲット。ようやく専用エッチが発売されたか……。でも矢矧付属エッチと被っているパーツが多いなぁ。つか付属エッチの方にこのトラス構造とか入れてくれればよかったのになぁ。

いつもの刀削麺で昼食にしようと思ったら、開店から5分しか経ってないのにもう満員だった。どういうことよ!?
しょんないんでスガキヤで食したんだけど、ヨドバシ行く途中に雰囲気の違うスガキヤを発見。こんなことならそこで食べればよかった。まぁ、またの機会にしよう。

ヨドバシを眺めたら名駅方面に移動してビックに。なんかまたホビーの売り場が変わっていたが。そこのソフマップにある安価な電池を買おうと思ったら売ってなかった。たまたま売り切れだったのか、それとも扱いがなくなったのかどっちだろう?

その後高島屋に登って本屋で時間をつぶして映画館に。
場所はミッドランドスクエアシネマ。なんか道路規制されているなぁと思ったら、マーチングバンドが行進していたよ。
ホールはほどほどの混雑で上映前にパンフを購入することができた。入場したら全席満員で、客層は老若男女満遍なく。さすがはガンダムのことはある。

ちなみ来場者特典はシャア専用ムサイの色紙でした。


んで映画の感想だけど。
機動戦士ガンダム THE ORIGIN 第6話 誕生赤い彗星
ストーリはルウム戦役から南極条約まで。レビル将軍の「ジオンに兵なし」演説がクライマックスか。
本編(ファースト)につながる重要な1ピースだけど、予定調和というか、驚きはないね。
まぁ一番驚いたのはオリジン本編やらないことだけど。
後、ラストシーンはガンダムがシルエットで登場してグポーンと目が光って終わると思ったら、違った。

秋にはNTか。個人的には福井さんはもうおなかいっぱいなので、別の人にやって欲しいなぁ。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


五月四日

2018/05/04 20:40
リゼルC型完成したよ。

画像


あたかもツインタワーのようにそびえる連装メガビームランチャー。
この機体の一番の特徴で、ディフェンサーユニットのジェネレーターによって高威力長射程のビームを連射する大艦巨砲主義の申し子のようなモビルスーツなのだ。
そしてディフェンサーユニットと腰部サイドバインダーによって推力を強化し、近づこうとする敵には一定の距離を保ち、逃げようとする敵には機動力で追いかけ、常にアウトレンジからチクチク撃ってくる、大変に素晴らしいコンセプトをもった機体でもあるのだ。

画像


キットはHGUCのリゼルC型ディフェンサーユニット装備ゼネラルレビル配備機。アニメではネェル・アーガマ追撃戦でちらっと登場してシナンジュに蹴散らされる役目だったが。
色が気に入らなかったんで、自分の好みのカラーで塗装した。
ガンプラの全塗装は随分と久しぶりだったな。

画像


せっかくだから線消しとゲート処理、パーティングライン消しとヒケ処理も行った。
かなり金型がつかれているのかヒケやパーティングラインが出ているので手を抜きたかったけど、結構目立ったんで……。ABSは塗装すると割れると聞いたので塗らないようにしてある。
ディティールアップは頭部バルカン砲の開口とバインダー内側のスリットにプラ板貼ったくらい。

画像


ガンプラにしては珍しく左手の銃持ち手があり、このように構えることができるがシールドが干渉して全然ポーズがとれんぞ。
右手なら何とかなるんだが、いっそグリップは収納してキャノンタイプのように腰だめで射撃すればいいような気がしてきた。
こうなるとグリップが不要であるが、おそらくパージしたときにジェガンにも撃たせることができるように予備としてついていると推測する。威力も射程も本来からは劣るが戦場では何が起こるかわからないため、万一に備え一応そういう機能は持たせておいた方がいいだろう。

画像


ちなみに塗装はほぼ缶スプレーで一部筆塗り。
濃い青は田宮ASのネービーブルー、薄い青はASのインターミディエイトブルー。白色はASのインシグニアホワイト。
関節部はクレオスの軍艦色。
このインターミディエイトブルーの缶が古くて圧が足りなくて、噴いたら梨地になってしまって愕然としたよ。
画像じゃあんまり目立たないようでよかったが、拡大すると粗が出てくるねぇ。

画像


ランチャー未装備にも換装できる。
こんなこともあろうかとイエサブのパーツ売りでノーマルタイプのバックパックだけ入手しておいたのだ。

画像


そんなわけでノーマルタイプに。ボックスタイプバックパックというそうな。
腰のバインダーはそのまま。ちょっとパーツの関係で簡単に換装はできない。

画像


名付けるとしたらスピードリゼルかな。重いディフェンサーユニットを無くして身軽になったぞ。
でも武装がシールド先端のビームキャノンしか無いぞ。
あとは頭部バルカンと前腕のグレネードorビームサーベル程度。

画像


可変機なので変形させる。
HGUCは組み換え変形で、いったんばらした後に変形用のフレームに組み付ける形になる。

画像


どーでもいい話だけど、ガンプラ用の飾り台が日に当てているわけでもないのに黄ばんでしまって困る。
画像に余計な色味がついてしまうではないか。何とか戻す方法はないものかねぇ。

画像


このようにジェガンを運搬する機能があり、迅速に戦場へ展開することが期待されている。
でもなんかジェガンが必死でしがみついている感あるなぁ。
長距離移動なら普通にベースジャバー使った方がいいだろうに。よほど性急に展開させたいのだろう。

画像


そしてディフェンサーユニット装備。ランチャーなし。
ノズルの数が凶悪だな。

画像


ツインランチャーを装備させると画面に収めるのにも一苦労だよ。

画像


この状態だとすべての武装、メガビームランチャーにバインダーのメガ粒子砲にシールドのビームキャノンが前方を志向し、すべてのノズルが後方を志向して大加速を実現する。
ひょっとして人型よりもこっちのが戦場で役に立つんじゃね? と、ガンダム世界で言ってはいけないことを……。
まぁきっとAMBACが無いんで動きが直線的になって狙い撃ちされやすくなるのだろう。うん。

画像


あ、実弾兵器が無いんでIフィールドやビーム偏向機相手では苦戦しそう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

こうひんひろみ公式ウェブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる